先輩の声

海外営業

小林 純

貿易部

部長小林 純

Q1:貿易部の仕事内容を教えてください。
A1:私たちの商品はフォーマーです。フォーマーというのは、グルグル巻きの金属の材料が機械の中に引き込まれていき、金太郎飴のように切られてから押しつぶされて、自動車や建築金具、航空宇宙に使用する部品などになって出てくる機械です。
貿易部は、海外にフォーマーを販売すること、そして、販売したフォーマーのアフターサービス(修理・改造・オーバーホールなど)を行い、お客様の生産ラインでフォーマーを長く使って頂き、いい機械だと評価して頂けるようにするのが一番大切な仕事です。
Q2:どんな人材を求めておられますか?
A2:やっぱり英語は必要ですね。でも、日常会話程度ができれば、そこに専門用語をプラスすれば大丈夫だと思います。あと最近の傾向として中国も市場になっているので、中国語が出来る人もほしいと考えています。スキル以外で言えば、自分のやっている仕事を楽しめる人がいいですね。
Q3:入社後の研修はどうなっていますか?
A3:従来は、製造現場で1年間研修していましたが、今後は先に貿易部内で短期間研修して適性を見極めてから、工場で3ヵ月ほど研修してもらおうと思っています。組立現場での研修でフォーマーが組み上がるまでの流れを一通り知ってもらって、営業職としての知識やスキル(お客様に機械をどう説明するか)などは貿易部で学んで頂きます。
研修後は、まず単品のスペアパーツの見積、手配といった小さなところから始めて頂きます。最初はボリュームのないもの、それから数のあるもの、その後は修理関係ですとか、社内から人員派遣する際の航空券の手配方法、出張先での生活手段、など多岐に亘って覚えて頂かなければならないことがありますが、指導係の先輩がいるので、実務として経験を積みながら、自分で判断する能力を身につけていってもらいます。なにか仕事を任されて、自分で全部やりくりして一人で海外出張できるようになるまではだいたい2年くらいでしょうか。
Q4:就活中の学生さんに向けてのメッセージをお願いします。
A4:チャレンジ精神を持って下さい。最初から自分がやりたいことが必ずしもできるわけではないと思いますが、ちょっとでも興味があったらそこに足を踏み入れてみてほしいですね。阪村機械からは世界の44カ国に機械を出荷していて、いろんなチャンスもあると思うので、是非のぞきに来て下さい。
樫本 遊太

貿易部

2015年 3月入社

樫本 遊太

Q1:入社のきっかけは?
A1:高校の時、1年間アメリカに留学していたので、英語を生かせる海外営業の仕事を探していて、阪村機械と出会いました。
Q2:入社後、まずどういう仕事(研修)から始められましたか?
A2:最初1年間は組立現場で研修しました。それまで全く知らない世界だったので、大きな部品をクレーンで吊って組み立てていくプロセスは面白かったです。ボルトを締めたりするのに力を使うので、筋肉もつきましたよ。
貿易部に来てからは、まずは基本的な部品の引き合い、注文手配、出荷などから始めて、出図依頼や問題の解決依頼など、海外から英語で入ってきたものを翻訳して社内に展開するような業務をやりました。タイミングよく、すぐにアメリカにも出張させてもらいましたが、仕事で行くのは海外旅行で行くのとは全然違いました。貿易部は、一緒に行く作業者の方が、海外で快適に仕事できるように便宜供与するのが仕事ですので、やっぱり気を遣います。
Q3:現在はどういう仕事をされていますか?
A3:アメリカの日系企業向けに最近出荷された機械は、製作の段階から私が担当したので、今後もずっとフォローすることになります。それから、SUI(アメリカにあるサカムラのグループ会社)は私がメインで担当しているので、アメリカ向けの部品購買(見積・手配・出荷)や、そのほかの対応全般に携わっています。
Q4:今の仕事の魅力はなんですか?
A4:入社してまだ4年目ですが、これだけ海外に出させてもらえる会社はなかなかないと思うので、その点は楽しいです。反面、やればやるほど覚えなくてはならないことが増えてくるし、一台一台が違う機械なので型にはまった対応ができなくて大変です。でも、そこが新鮮で、おもしろくもありますね。
Q5:今後の抱負を教えてください。
A5:海外と国内の仕事をうまく繋いで、海外に向けて阪村機械の顔になれるような人間になりたいです。
中西 健太

貿易部

2015年 4月入社

中西 健太

Q1:入社のきっかけは?
A1:メーカー志望で就活する中、阪村機械を知って工場見学させてもらいましたが、工場内に並んでいる大きな機械や部品を見てワクワクしました。もともと機械が好きだったので、それで決めました。
Q2:入社後、まずどういう仕事(研修)から始められましたか?
A2:入社して1年は現場研修でした。体力的にも大変でしたが、いろいろ経験になったし、正直1年では足りませんでした。スパナやレンチはともかく、タップ立てなんてそれまで存在も知らなかったので、すべてが勉強でしたね。
貿易部にきてからは、まずコレポンの読み込みや整理をしながら、お客様の国と名前を覚えることから始めました。それから徐々に簡単な見積、部品出荷などを手がけていきました。
Q3:現在はどういう仕事をされていますか?
A3:主にスペアパーツや機械部品の出荷などを担当しています。機械部品は木箱に詰めて出荷するのですが、木箱の中身とパッキングリストが合っていないと通関で止まってしまう可能性があるので、注意してしっかり確認しながらリストを作成しています。
Q4:今の仕事の魅力はなんですか?
A4:ボリュームがあるものをミスなく無事に出荷できた時は、やり切った感があるというか、やっぱりホッとしますね。それから、根本的に機械が好きなので、変わった形の部品を見ると「これはどこに取り付くんだろう?」とか「どういう動きをするんだろう?」とかいろいろ考えながら梱包しています。
Q5:今後の抱負を教えてください。
A5:国際物流学を専攻していたので、輸出入通関の書類関係についての知識が少しはあったのですが、実務は全然違いました。まだまだ覚えなければならないことがたくさんあるので、一つ一つクリアしていきたいです。

ページトップ